記事一覧

【コラム】「0(ゼロ)」が記された書物の書かれた年代が3~4世紀と判明

gi01a201402031900.png

link16.png 最古の「ゼロ」文字、3~4世紀のインド書物に 英大学が特定(AFPBB News)

バクシャーリー写本と呼ばれるインド最古とされる数学書が3~4世紀に書かれたことが判ったそうです。
この書物に「0(ゼロ)」が記されており、少なくともこの時代に現在のゼロの概念があったことになります。(ちなみに「負(マイナス)」についても同様に言及されています。このときマイナスを表す記号は「+」だったそうですよ!)

数学史を紐解くと、今から約4500年前には徐算が行われており、また有名なピタゴラスは約2500年前にすでにいろいろな定理を発見しています。
そう考えると、3~4世紀(約1700年前)になってやっとゼロが使われるようになったのは意外な感じがしますね。

ゼロやマイナスという文字の出現によって、すべての実数が正しく表現できるようになり、筆算も可能になりました。これらの概念のおかげで、その後の数学は飛躍的に発展しました。

逆に考えると、ピタゴラスやアルキメデスなどの数学者たちは、ゼロの概念無しであれだけの数学論を確立したことは本当に凄いことですよね。

いま学校で習っている算数や数学も、過去のいろいろな発見がなければ、きっともっとすごく複雑だったと思います。え?今でも十分複雑で難しいですか?(^^; では、一緒に少しずつ勉強していきましょう。ある時、数学がとても単純で美しく思えるようになりますよ(^^)

坪井塾 名古屋市熱田区~中川区八熊・尾頭橋の完全個別学習塾
愛知県名古屋市熱田区幡野町9-3
☎052-684-4056 📱080-4221-1915
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坪井映樹

Author:坪井映樹
ショウイン認定校 坪井塾は、名古屋市熱田区、中川区、中区の小学生、中学生、高校生を対象とした5科目対応の完全個別指導による学習塾です。お子様ひとりひとりに合わせた指導を安心な価格でご提供致します。
野立小、八幡小、八熊小、大宝小、高蔵小、旗屋小、日比野中学、八幡中学、伊勢山中学、山王中学、昭和橋中学、沢上中学のみなさん、ぜひ一緒にがんばりましょう!

最新コメント