fc2ブログ

記事一覧

常用漢字の字体についての指針

PK2016022102100005_size0.jpg
漢字の「とめ」「はね」、細かい違いを容認 文化審小委:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)


常用漢字の字体に対して細かい違いを容認する方針が出されました。もともと細かな違いは許容されるという方針でしたから、なぜ今さら指針を出すかというと、明確化することで「社会生活における日本語の漢字の字形に関する無用な摩擦」を解消しましょう、というのが狙いのようです。
正しい字を書くことはもちろん大切ですが、一文字で見た時のバランスに拘るのではなく、「字」が連なって「文」となったときに美しい、ということが大事ではないでしょうか(^^)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坪井映樹

Author:坪井映樹
個別指導・通い放題の坪井塾は、名古屋市熱田区、中川区、中区の小学生、中学生、高校生を対象とした5科目対応の個別指導・通い放題の学習塾です。お子様ひとりひとりに合わせた指導を安心な価格でご提供致します。
野立小、八幡小、八熊小、大宝小、高蔵小、旗屋小、日比野中学、八幡中学、伊勢山中学、山王中学、昭和橋中学、沢上中学のみなさん、ぜひ一緒にがんばりましょう!